【副業/ネイルサロン開業】開業届や青色申告は後回しでOK

“副業といっても、収入があると自分で確定申告しないといけないんでしょう!?”
“そうなると青色申告?した方がいい?”

そんな風に考える方も多いかと思います。

が、副業で「年間20万円以上の収入」がなければ確定申告は必要無し。

そのためこの辺りは後回しでOKです。

 

確定申告が必要なのは、副業で年間20万円以上の収入

「20万円以上の収入」とは、売り上げから経費を引いた利益が20万円以上ということ。

 

副業としてネイリストを始めるなら、初めから一気に20万円も稼げることはありません。

多少の経費もかかりますしね。

 

そのため、すぐに“開業届け出さなきゃ!”“青色申告の申請しなきゃ!”と焦らなくてOK。

もちろん開業届&青色申告の申請をしておくと、赤字だった際に赤字の申告をして税金が多少戻ってくるといったことはあります。

 

実際私はこの辺りをめちゃくちゃ調べて、開業届と青色申告の申請を出してしまいました。

が、確定申告は初めてだとよくわからないしそれについてまた調べたり…とにかく時間をかけてしまいまい、副業に専念できなくて本末転倒。

 

まずはコンセプトや集客に時間をかけて

もちろん売り上げや経費についてはまとめておく必要があります。

売り上げはエクセルやノート等にまとめておく、経費はレシートを取っておけばOKです。

 

が、この時点であなたはまだ一円も売り上げていないはず。

副業でネイリストを始めたいならまず、サロンのコンセプトや集客に時間をかけましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
tomoをフォローする
楽しく稼ぐ副業ネイリストの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました