SE-NAILIST

東京に住む現役女性SE(ときどきネイリスト)のブログ「SE-NAILIST(えすいーねいりすと)」。メイク・ネイル・ITやスマホ・その他暮らしに役立つ情報をお届けします!

東京で副業!Uber Eatsの配達パートナーがオススメな理由・報酬も。

東京で副業するならUber Eats(ウーバーイーツ)がオススメ

Uber Eats (ウーバーイーツ)
使ったことがある方はいらっしゃいますか?
友達は結構頻繁に使っているらしく、先日私も利用してみました。

また、配達パートナーの方も気になりませんか?
車が無くても、原付バイクや自転車でも配達パートナーになることができます。
特に東京では最近流行ってきていますよね。
副業したいけど何したら良いだろう…?と思っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

本記事では、
Uber Eats (ウーバーイーツ)ってそもそも何?配達パートナーの報酬ってどのくらい?
ということについて説明していきます。

 

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)とは?

宅配ピザはそのピザ屋さんで配達員の方も雇っています。
しかしながら配達員のいないレストランでも配達してくれる人さえいたらお店側の収益も上がるし、ユーザーもいろんなお店から届けてもらえるのに…
それを手助けしてくれるのがUber Eats (ウーバーイーツ)です。

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーは、料理を作ったレストランの従業員ではありません。また、Uber Eats (ウーバーイーツ)の従業員というわけでもありません。
Uber Eats の配達パートナーに登録した個人です。
配達パートナーは一定の条件をクリアした人であれば誰でも登録することができます。

 

レストラン側は配達員を別で雇わなくても良いですし、ユーザーもいろいろなレストランの商品を配達してもらえます。
配達パートナーも登録後は自分のペースで仕事ができます。シフトもありません。
それぞれの需要と供給のバランスが取れていれば、win-win-winですね。

 

レストランパートナーはどんなところがある?

Uber Eatsのアプリをダウンロードしていただけると分かりますが、以下のようなお店がレストランパートナーとなっています。
(パートナーになっているかは店舗によって異なるため、全店舗がパートナーになっているとは限りません。)

  • マクドナルド
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 大戸屋
  • バーガーキング
  • 松屋
  • スシロー
  • バーミヤン
  • ガスト
  • フレッシュネスバーガー

めちゃくちゃたくさんあります。
(私は先日フレッシュネスバーガーの配達をお願いしました。家から近い店舗だったこともあると思いますが、なんと20分で届きました。早い!)

配達料金が追加されているため、普通に店舗で購入するよりは少しお高めですが、行く手間や時間・電車賃なんかを考えるとお得で便利ですよね。(ちなみに配達料金は、距離が近いほどお安いです。)

また、配達状況はアプリ上のマップで確認ができ、配達パートナーの顔写真も表示されます。
そのため、“この人があと○分くらいで届けてくれるんだな”というのが確認できて安心です。

 

配達パートナーの登録要件

東京で副業するならUber Eats(ウーバーイーツ)がオススメ

いかのいずれかがあれば配達パートナーに登録できます。

  • 軽貨物またはバイク(125cc超)
  • 原付バイク(125cc以下)
  • 自転車

自転車は手軽でいいですね。
詳細な要件は以下の通りです。

 

軽貨物またはバイク(125cc超)の場合
  • 18歳以上であること
  • 運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 任意保険または共済保険の証明書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真
原付バイク(125cc以下)の場合
  • 18歳以上であること
  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真
自転車の場合
  • 18歳以上であること
  • 身分証明書
  • プロフィール写真

 

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

 

配達パートナーの報酬

以下の計算式で支払われます。
お支払い = (1)基本料金 × (2)ブースト + (3)特別キャンペーン[不定期] - (4)サービス手数料 35%

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

(1) 基本料金について

基本料金は、「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の3つの合計で計算されます。

(a) 受け取り料金: 300円
レストランにて商品を受け取った際に発生します。 配達先が2ヶ所ある場合でも受け取り場所が1ヶ所の場合には、受け取りは1回としてカウントされます。

(b) 受け渡し料金: 170円
注文者に商品を渡した際に発生します。配達先が複数ある場合には、それぞれ受け渡し料金が発生します。

(c) 距離料金: 150円/km
レストランから配達先までの距離に応じて、計算されます。複数の配達があった場合には、合計の距離の分が計算対象となります。

 
例えば、1回の配達を完了すると (配達距離 2km):
(a)受け取り料金(300円) + (b)受け渡し料金(170円) + (c)距離料金(150円 x 2km) = 770 円

また、一軒のレストランから複数の配達先にお届けした場合 (配達距離 各1km, 1.5km):
(a)受け取り料金(300円) + (b)受け渡し料金(170円 x 2件) + (c)距離料金(150円 x (1km + 1.5km)) = 1,015 円

 

(2) ブースト

基本料金に掛け算される倍率で、曜日や時間や地域によって異なる倍率が設定されます。

例えば、以下のような場合、

  • 平日の午前11時から午後1時のエリアAにおけるブースト倍率が1.5倍
  • 該当時間内にエリアA内のレストランが出した配達の依頼を受け、1回の配達を完了した
  • 配達距離は2km

ブーストで支払われる金額は以下になります。(配達距離 2km):
(1)で計算した基本料金(770円) × ブースト倍率(1.5 - 1) = 385円

もちろん、倍率は曜日や時間・地域によって異なるため、これ以上にもこれ以下にもなる可能性があります。
また、距離が近ければ、短い時間で一軒のレストランから複数の配達先にお届けすることも可能かもしれません。そうなると結構いい収入になりそうです。

※上記計算例は以下URLの情報を参考にしています。
お支払いの仕組み (Uber パートナー向け) | Uber

 

(3) 特別キャンペーン

上記ブーストに加え、特別なイベント時などに「特別キャンペーン」を実施することがあります。
これがあると支払いに上乗せされます。

 

(4) サービス手数料

サービス手数料は、先に記載したとおり(1)基本料金の35%です。
これが引かれます。

 

支払い料金まとめ

おさらいしてみましょう。

まず、支払い料金は以下の計算式によって決定されます。
お支払い = (1)基本料金 × (2)ブースト + (3)特別キャンペーン[不定期] - (4)サービス手数料 35%

 

例えば、「1回の配達 (配達距離 2km)でブースト倍率が1.5倍」の場合に支払われる料金は以下。

(1)基本料金:(a)受け取り料金(300円) + (b)受け渡し料金(170円) + (c)距離料金(150円 x 2km) = 770 円
(2)ブースト:(1)基本料金(770円) × ブースト倍率(1.5 - 1) = 385円
(3)特別キャンペーン[不定期]:なし0円
(4)サービス手数料:(1)基本料金(770円) × 35% = 270円

(1)770円 + (2)385 + (3)0円- (4)270円 = 885円

 

私が先日Uber Eatsで注文した時は注文してから20分で届きました。近い店舗だったため、店舗から私の家までは自転車でも5〜10分程度かと思います。
それだけ短時間でこのくらいもらえる可能性があるとしたら、かなり割りが良いですよね。

 

支払サイクル

月曜日の午前4時を締め日として、原則1週間に1度支払いの処理を行っています。
支払いサイクルが早いため、急に入用になった時にサクッと配達してみるのも良いですね。

 

まとめ

ウーバーイーツ配達パートナー

今回はUber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナープログラムについて説明しました。
以下のような利点があります。

  • 自転車でも登録できる
  • シフトが無いので働きたい時だけ働ける
  • 支払いは週に1度

シフトが無いので就活中でバイトには入れないけど空き時間に働きたい大学生や、支払いサイクルが早いため急にお金が必要になった!といった方にも良さそうです。

興味がある方は、やりたくなった時にすぐ配達できるよう登録だけでも済ませておくと良いかと思いますよ。

 

 

【合わせて読みたい】

ウーバーイーツをまずは使う側で興味があるという方はこちらをどうぞ。

www.se-nailist.com

 

ではまた。