SE-NAILIST

東京に住む現役女性SE(ときどきネイリスト)のブログ。ITやスマホ・ネイル・その他暮らしに役立つ情報をお届けします!

SEとプログラマーは同義では無いことを分かりやすく説明してみた


f:id:se-nailist:20181116211824j:plain

“職業はSE(システムエンジニア)です”

と言うと、

“あぁ〜プログラマーさんですね”

と言われる。

そんなことありませんか?

 

私はたまにある。

そして、その後説明してみるんだけど全然伝わらない。

 

 

SEってプログラミングをしているイメージなんでしょうね。

 

 

もちろん、プログラマーのことをSEと呼ぶことはあるでしょう。

でも、SE全員がプログラマーなわけでは無い

 

実際私もSEだけどプログラマーではない。

プログラミングはしませんし出来ません。

(簡単なシェルくらいは書くことあるけどね。)

 

と、いうわけで、

SEとプログラマーの違いを他の職業に例えて説明してみたい。

 

 

 

ハウスエンジニア

って言葉があるか分からないけど、

家を建てることに関わる人たち=ハウスエンジニア

と呼んでみることにする。

 

そうすると、ハウスエンジニアとは、

・設計士

・現場監督

・大工さん etc…

総称ということになる。

 

 

システムエンジニアも同じ。

システムを作ることに関わる人たち=システムエンジニア

である。

 

要するにシステムエンジニアとは、

・システムを設計する人

・プロジェクトを管理する人

・プログラミングする人 etc…

総称ということである。

 

 

と、いうわけで、

Aさん:“SEです。”

Bさん:“プログラマーですね!”

という会話は、

 

Cさん:“ハウスエンジニアです”

Dさん:“大工さんですね!”

と同じこと。

Cさんは建築士かもしれないのにね。

建築士と大工さんて仕事内容全然違いますよね。

 

 

どうでしょう?

分かりましたかね?

 

 

ほんとはSEはもっと色々な仕事があるんだけど、

ややこしくなるので省きました。

 

 

 

あれ?もしやこのブログ面白く無い??

 

明日はもうちょっと面白い記事書くよ!(たぶん)