tomo pocket

東京に住む現役女性SE(ときどきネイリスト)のブログ「tomo pocket(ともぽけっと)」。メイク・ネイル・ITやスマホ・その他暮らしに役立つ情報をお届けします!

【確定申告間違い】還付金が戻るはずが所得税の「督促状」が届いた…!その時は

【確定申告間違い】還付金が戻るはずが「督促状」が届いた…!その時やること

確定申告は以前にも実施したことがあるにも関わらず、申告間違いをしてしまいました…。
還付金が振り込まれるかと思いきや「督促状が」届き、もうパニック!

しかしながら税務署のホームページにきっと書いてあるはずだ…同じようなことになった方はいるはずだ…と思いとりあえず検索。

なるほど、この書類を書けばいいんだな…書いた。
あれ?でもこの届いてしまった「督促状」は一旦支払わないといけないの…?

この「督促状」、GW直前に届いたので税務署に電話したくてもやってない!

…GWが開けてすぐ、税務署に電話して聞いてみました。

同じようなことになってしまった方の参考になれば幸いです。

※ちなみに私は税理士ではありません。本記事は体験談です。不明点やあやしいな?と思うことがあれば必ず税務署や税理士等専門家にご確認ください。

 

 

確定申告の申告間違いで届いた「督促状」。支払わなければいけない…?

還付金があるはずが申告間違いで届いてしまった所得税の「督促状」
結論から言うと「一旦支払わなければならない」とのことです。

確定申告の申告を間違えた場合は、後述する「更正の請求書」を記載して提出します。
そしてそれが税務署で処理して認めてもらえたら、後日差額が指定した金融機関の口座に振り込まれます。

ちなみに私の場合、社会保険料控除の金額をまるまる記載できていなかったので、絶対に戻るはずだと思っているんですけどね…。それも説明して、証明となる源泉徴収票も確定申告時に提出済みだとも言ったのですが、それでも一旦支払わなければならないとのことです。

もちろん更正の請求書を提出してそれが認められれば、後日「一旦支払った金額+還付される金額」が合わせて指定した口座に振り込まれます

例えば、5万円還付されるはずが10万円の督促状が届いた場合、以下のようになります。

  1. 一旦10万円支払う&更正の請求書を提出する
  2. 更正の請求書が認められれば、後日還付金5万円と合わせて15万円が指定した金融機関に振り込まれる

 

確定申告の間違いに気づいたら「更正の請求書」を提出

ここからは確定申告の間違いを修正するための「更正の請求書」についてご説明します。

「更正の請求書」とは?

国税庁の該当のページは以下です。
[手続名]所得税及び復興特別所得税の更正の請求手続|国税庁

上記ページ内に、「平成 年分所得税及び復興特別所得税の更正の請求書・書き方【平成29年分以降用】」というリンクがあると思います。そちらが「更正の請求書」です。
※令和以降新しい書式のものがあれば必ずそちらを使用してください。

記載方法は以下のページが参考になりました。(ありがとうございました!)
更正の請求書類の書き方|手続き方法から還付金受取りまでの基礎知識|あなたの弁護士

また、「更正の請求書」の書式の2ページ目にも書き方が記載されています。(文字ばっかりで私は読みたく無くなっちゃったんですけどね…テンパってて読めなかったってのもあります笑)

そして実際の書式を見ていただくと分かるかと思いますが、ほぼ確定申告の書式と同じです。難しくないのでご安心を。
違いは、「確定申告時に記載した金額」と「請求額(修正額)」の両方を記載する必要があるということ。修正する必要がない箇所は、同じ金額を記載しておけばOKです。

 

「更正の請求書」提出時に添付するもの

「更正の請求書」提出時には以下も合わせて提出する必要があります。

  • 修正したい箇所に関する証明書(源泉徴収票、領収書、控除証明書など)
  • 本人確認書類の提示または写しの添付

ちなみに私は源泉徴収票を添付しようと思っていたのですが、確定申告時に提出済みです。それを電話で問い合わせた際に伝えると、「それならあらためて添付しなくても大丈夫です。本人確認書類のみ添付してください」と言われました。
※このあたりは税務署によっても言われることが違う可能性があるので、問い合わせるか再度添付できるものなら添付してしまったほうが良いかと思います。

本人確認書類については以下国税庁のページに詳しく記載されています。
番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い|国税庁

マイナンバーカードがある方は、それだけで本人確認書類になります。
マイナンバーカードが無い方は、「番号確認書類」(通知カード等)+「身元確認書類」(運転免許書等)の2つで本人確認書類となります。
このあたりは確定申告の時と同じですね。

 

一旦振り込んだ金額+還付金はいつ戻るのか?通知はあるのか?

税務署に問い合わせた際に合わせて聞いてみました。

その税務署の混み具合等にもよるのではと思いますが、私が問い合わせた東京都内の某税務署の回答では「2〜3ヶ月後に戻る」とのことでした。

もちろん早く更正の請求書を提出したほうが早く処理されるでしょうし、間違いがあればお金が戻ってくる前に電話で問い合わせ等あるかもしれません。

この時期、私と同じように申告間違いに気づいて処理される方が多いそうです。そのため2〜3ヶ月はかかるだろうとのことでした。

また、戻ってくる際に何らかの通知はあるのか?と聞いてみたところ、必ず通知はあるとのことでした。(おそらくハガキとか届くんですかね?)
また、間違いや確認事項があれば電話で連絡があるかも、ともおっしゃっていました。

 

まとめ

私のように確定申告を間違って「督促状」が届いてしまった方は早めに一旦支払ってしまいましょう。

もちろん何か不明点や納得がいかないことがあれば、一旦電話等で問い合わせたほうが良いかと思います。
最寄りの税務署の連絡先は以下で検索できます。
税についての相談窓口|国税庁

更正の請求手続きに関するページは以下。
[手続名]所得税及び復興特別所得税の更正の請求手続|国税庁

書き方は以下が参考になりました。
更正の請求書類の書き方|手続き方法から還付金受取りまでの基礎知識|あなたの弁護士

提出する際は、修正した事項の証明書となるものと本人確認書類も忘れずに!

私は早速、更正の請求書を郵送で提出しました。
今度こそ何も間違いありませんように…!

 

…約2ヶ月後…
更正通知書が届きましたー!
詳しくは以下の記事にまとめていますので参考にどうぞ↓
www.se-nailist.com