SE-NAILIST | IT・ネイル・知ると得する暮らしに役立つブログ

東京に住む現役女性SE(ときどきネイリスト)のブログ。ITやスマホ・ネイル・その他暮らしに役立つ情報をお届けします!

【確定申告】【会計ソフト】MFクラウド会計を無料で使う(使い続ける)裏技

【確定申告】MFクラウド会計を無料で使い続ける裏技

本業以外でも年間20万円以上所得がある方は、会社員でも確定申告が必要です。

また、個人事業主になりたてで赤字の場合でも、確定申告をしておくといくつかいい点がありますので、実施される方もいらっしゃると思います。
(※この辺りについては、もっと詳しい記事を書いていらっしゃる方がたくさんいますので、検索してみてください。) 

そして、“自分で確定申告かー、難しそうー、大変そうー”と思う方も多いと思います。

でも世の中には便利なものを考えてくれる人がいます!そう、それが、確定申告ソフト!

この記事では、オススメの確定申告ソフトと無料でも使い続けられる裏技をご紹介します。

 

 

確定申告ソフト

弥生会計、MFクラウド、freee
あたりが有名でしょうか?

その中でも私がオススメするのはコレ!
“MFクラウド”
ちなみに最近、マネーフォワードクラウドという名前に変わったそうなので、ここからはこちらの名前で説明します。

そして、マネーフォワードの確定申告ソフトとしては以下の2つがあります。

  • マネーフォワードクラウド会計
  • マネーフォワードクラウド確定申告

この2つのうち、個人事業主向けは“マネーフォワードクラウド確定申告”の方です。
私は昨年よりこちらを使っています。

 

マネーフォワードがお勧めな理由

もちろん他も検討しましたが、決め手となったのは“無料プランでもかなり使える”からでした。

弥生会計の場合は、1年間のみ無料で使えますが次年度からは8,000円(税抜)。
freeeは30日間お試しのみが無料なので、実質無料では使えません。
その点マネーフォワードは、無料プランで月に15件まで仕訳登録が可能でした。

仕訳とは、○月×日△△△を売り上げた、とか、経費で□□□を購入した、とかそういうものです。

個人事業主になりたての人だと月に15件も登録できれば十分な方も多いと思います。
これが決め手だったわけです。 

と、ここまで聞くと、マネーフォワード良さそう!と思った方も多いのではと思います。
が、ここで注意点があります。
2018年6月1日から、無料プランで登録できる仕訳件数が変わりました。
(変更前)月に15件
(変更後)年間50件 

 

・・・・!!!!

 

かなり少なくなってしまいました…
私は副業で、ネイリストや格安SIMアドバイザーをしております。
正直言って売り上げはまだまだ少ないのですが、経費でネイルの材料を購入したり、セミナーを受けに行ったり、本を購入したりと仕訳登録することは割とある。
そうなると、年間50件では足りない。。。 

そのため、他の会計ソフトに乗り換えようかな〜とかも検討しました。

が、ここで朗報です!裏技がありました!

ここからは実際に操作していただかないとイメージするのが難しいかと思うので、実際の画面を交えながら説明してみます。

 

無料で使う裏技

仕訳入力をする際、いくつかの入力方法があるのですが、私がよく使うのは以下の、

“手動で仕訳”→“簡単入力”です。

f:id:se-nailist:20181204224254p:plain


これはほんとに簡単。非常に分かりやすく入力できるようになっています。 
実際の画面はこんな感じ↓

f:id:se-nailist:20181204223224p:plain

 

これを1つ登録すると仕訳が1件ということになります。これが年間50件ということですね。

そして登録するときはこの“簡単入力”が簡単でオススメなのですが、ある程度登録したら、
“会計帳簿”→“仕訳帳”の画面に移動します。

f:id:se-nailist:20181204224318p:plain

 

そして、例えば簡単入力で2件登録するとこんな感じで表示されています。
(赤のところは特に見えてもよかったのですが、何で売り上げたか?何の仕入れか?等を記載しているので一応消しました。)

f:id:se-nailist:20181204225354p:plain


そしてこの2件の仕訳ですが、実は、以下のように1件にまとめることができます。

f:id:se-nailist:20181204231917p:plain

 

実際の画面では、画面のもっと右のほうに“編集”ボタンがあり、そこを押して“行追加”をすると追加できます。 

こうすると、2件→1件となります!
3件でも4件でも1件にまとめることができます!

これを知っていると、年間50件にまとめられる人もいるはずです。
ただし、まとめられるのは同一日のみです。

でも、例えば私のようにネイルをしに行くとします。(レンタルサロンを借りてネイル施術することが多いです。)
その際は、交通費・レンタルサロン代・売り上げの3つを仕訳する必要があります。
1日に2つ以上の仕訳が必要なことって結構あるんですよね。

また、交通費など日付が異なるものも1つにまとめてしまっても大丈夫のようです。
もちろん金額は1日ごと入力しますが、先ほど説明したようにそれらを1つの日付にまとめてしまいます。(私は月の最終日の日付にまとめ、ひとつひとつの金額の備考欄にそれぞれいつ使った分かを記入しています。)

 

まとめ

と、いうわけで、まだ個人事業主になりたての方等仕訳件数が少ない方はまず、
マネーフォワードクラウド確定申告を試してみることをオススメします。

50件を少し超えてしまっても、このやり方を利用すれば大丈夫ですよ。

 

 

そして次の年からは、50件じゃ全然足りない!ってくらい稼いで、心置きなく有料プランに切り替えましょう笑

  

ではまた^^