SE-NAILIST

東京に住む現役女性SE(ときどきネイリスト)のブログ。ITやスマホ・ネイル・その他暮らしに役立つ情報をお届けします!

アレルギー対応ジェル(HEMAフリー、アクリル酸フリー)5選


 アレルギー対応ジェル

先日、以下の記事を書きました。

ネイリストが教えます!ジェルネイルアレルギーの原因と対策 - SE-NAILIST

www.se-nailist.com

上記の記事では、ジェルネイルアレルギーの原因として、“ジェルの成分”によって症状が出る場合は“アレルギー対応ジェル”を使えば大丈夫かもとお伝えしました。

 

今回は、アレルギー対応のジェルメーカーを5つご紹介します。

基本的にプロ向けの商材ではありますが、セルフネイルをされている方でも購入できるものがあります。

一番最後には、“セルフネイラーさん向け情報”も載せていますので、是非ご覧ください。

 

 

アレルギー対応ジェルとは?

一般的に、以下のようなジェルがアレルギー対応ジェルと言われています。

  • HEMAフリー
  • アクリル酸フリー

この2つは、アレルギーが出る可能性がある成分と言われています。

もちろん正しく使用していればアレルギー症状が出る可能性は極めて低いと思うのですけどね。

 

そしてどんなメーカーがアレルギー対応ジェルを出しているのか?今回は以下の5つをご紹介します。

  • ネイルパフェジェル
  • ジュエリージェル
  • agehaジェル
  • sacraジェル
  • Trumpジェル

これらのジェルは「HEMAフリー」「アクリル酸フリー」を謳っています。

それぞれを詳しくみていきましょう。

 

ネイルパフェジェル

ネイリストさんは、“マグネットジェル”なら知っている方も多いかもしれませんね。

磁石を使用して柄を作るアレです。

公式サイトはこちらです↓
ネイルパフェジェル

 

アレルギー対応については、以下のような記載がありました。

国内製造にこだわり、
日本化粧品工業連合会の「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されている成分成分のみで作っています。
成分設計へのこだわり
アクリル酸イソボルニル、アクリル酸、HEMAの3つの成分を使用していません。 

 

主なネイル問屋の中では、TAT・ネイルラボ・レッドネイルズ さんで取り扱いがあります。(レッドネイルズさんは検定なしでも会員登録できますよ。)

>>TAT

>>ネイルラボ

>>レッドネイルズ 

 

ジュエリージェル

こちらもネイリストさんなら知っている方が多いメーカーですね。

公式ページはこちらです↓
ジュエリージェル

 

アレルギー対応については、以下のような記載がありました。

化粧品登録済みの日本製ソークオフジェル。 食用色素、化粧品原料のみを使用し、アレルギーの出ない(パッチテスト済み)爪に優しいソークオフジェルです。

また公式サイトのトップページには大きめに、「HEMAフリー」「アクリル酸フリー」との記載もありました。

 

主なネイル問屋の中では、ネイルパートナー・ネイルラボ・レッドネイルズ さんで取り扱いがあります。

>>ネイルパートナー

>>ネイルラボ

>>レッドネイルズ 

 

agehaジェル

これは有名なネイリストの“ageha”先生のジェルですね。こちらもアレルギー対応されています。

公式ページは見つけられなかったので、ネイルラボ内のページを載せておきます↓
agehaジェル

 

アレルギー対応については、以下のカタログで確認してみました。

https://www.naillabo.com/product/ageha/pdf/ageha_201811.pdf

こちらには「HEMAフリー」と記載はありました。が、「アクリル酸フリー」との記載はありませんね。

ただ、Instagramでageha先生が何度も「#アクリル酸フリー」のタグをつけていらっしゃるので、おそらくこちらもフリーかと思います。(今度問い合わせてみましょうかね。)

 

主なネイル問屋の中では、TAT・ネイルラボ・レッドネイルズで取り扱いがあります。

>>TAT

>>ネイルラボ

>>レッドネイルズ 

 

sacraジェル

「サクラジェル」と読みます。

このメーカーが誕生した当初は、ネイルイベントで結構大きめのブースで販売されていた気がしますが、それ以降あまりパッとしない気がするのは私だけでしょうか…?

公式サイトは以下になります↓
sacraジェル

 

アレルギー対応については、以下のような記載がありました。

ジェルアレルギーや肌トラブルの
原因とされるアクリル酸と
HEMAを使用せず、
化粧品原料にこだわりました。

しっかりと「アクリル酸とHEMAを使用せず」と書かれていますね。

 

主なネイル問屋の中では、TATだけで取り扱いがあるようです。

>>TAT

 

Trumpジェル

「トランプジェル」と読みます。

こちらは私はあまり馴染みがありません。聞いたことあるなぁという程度です。

公式サイトはこちらです↓
Trumpジェル

 

アレルギー対応については、以下のような記載がありました。

ジェルアレルギーや肌トラブルの原因とされる強い酸とHEMAさらにベンゾフェノンをも使用せず、安心・安全な化粧品原料にこだわりました。 

「強い酸」とうのが「アクリル酸」のことですかね?明確な記載は見つかりませんでした。

 

また、今回の記事とはあまり関係が無いのですが、Trumpジェルには、「エタノールでオフができるジェル」ってのがあるのですね。気になります。

でも、アルコール消毒とかすると剥がれやすくなるのでしょうか…

 

主なネイル問屋の中では…取り扱いが見つかりませんでした。

Trumpジェルのオンラインショップがありましたので、そこで購入することになりそうですね。

Trump(トランプ)公式オンラインショップ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は“アレルギー対応ジェル”として以下の5つをご紹介しました。

  • ネイルパフェジェル
  • ジュエリージェル
  • agehaジェル
  • sacraジェル
  • Trumpジェル

個人的には、agehaジェルが対応していることはあまり知られていないのでは?と思っています。

上の3つは購入できるネイル問屋も多いので、一度試してみるのも手かもしれません。

 

また、以下の4つのネイル問屋は、ネイリストであれば登録しておくのがオススメです。ちなみに私は最近ネイルラボ推しです。セールがかなり多いですし、5,000円以上で配送無料な曜日もあるので。

  • ネイルパートナー
  • TAT
  • ネイルラボ
  • レッドネイルズ 

詳しくは以下の記事に記載していますので、ネイリストさんは是非ご覧ください。

ネイリスト・ネイル学生が登録すべきネイル問屋4選 - SE-NAILIST

www.se-nailist.com

 

また、ジェルネイルアレルギーについては以下の記事で詳しく説明しています。

ネイリストが教えます!ジェルネイルアレルギーの原因と対策 - SE-NAILIST

www.se-nailist.com

 

セルフネイラーさん向け情報

ネイリスト検定を保持していないセルフネイラーさんですと、今回ご紹介したネイル問屋のうち、オンラインで会員登録ができるのは“レッドネイルズ ”のみかと思います。

TATも店舗であれば検定無しでも会員登録できますが、オンラインショップの利用はできません。

またTATの店舗で購入する場合も、一般価格での購入となります。(要するに安く無い)

そのため、セルフネイラーさんは“レッドネイルズ ”の利用がオススメです。

>>レッドネイルズのオンラインショップ 

 

また、もちろんネイル問屋で購入しなくても、楽天やAmazon等で購入できるものもあります。

以下にリンクを貼っておきます。

  • ネイルパフェジェル
  • ジュエリージェル
  •  agehaジェル
  • sacraジェル
  • Trumpジェル

Yahooショッピングでトランプジェルを購入したい方はこちら↓(こちらだけ画像でなくてすみません。)

(Yahooショッピング)トランプジェル ベースジェル

 

プロの方でもAmazonや楽天であれば送料が安く済む場合もありますので、そちらで購入するのもありかもしれませんね。

 

【合わせて読みたい】

www.se-nailist.com

 

ではまた^^